原因を知ってしっかりケアして治す乳児湿疹~湿疹はもうナッシッシ~

親子

予防が大切になる

赤ちゃん

赤ちゃんの肌にできる湿疹のことを、乳児湿疹と言います。新生児にきび、乾性湿疹、など様々な湿疹がありますが、これらをまとめて乳児湿疹と言います。時期によってできやすい湿疹は異なるので、しっかりと対策することが大切です。生後2ヶ月までに多いのは、脂漏性湿疹や新生児にきびなどです。なぜこれらの乳児湿疹が、生後2ヶ月までに多いのかというと、生後2ヶ月までは、皮脂が多く分泌されるからです。そのため、清潔にしていないと、皮脂が毛穴に詰まって新生児にきびの原因になったり、皮脂が真菌に分解されて脂漏性湿疹を引き起こしたりすることがあります。定期的に赤ちゃんの肌を拭くだけでも、乳児湿疹対策になります。生後3ヶ月以降になると、皮脂の分泌は少なくなってきます。すると今度は、乾燥が原因となって乳児湿疹を引き起こしてしまいます。ベビーローション、ベビーリップなどを使って保湿をしっかり行って、対策をすると良いです。

ブツブツ、ニキビなどの乳児湿疹は、肌を清潔にしたり、保湿をしたりすることで、改善することができますが、肌が赤みを帯びて状態が悪くなった場合は、ステロイド薬を使用することも大切です。ステロイド薬を使用することによって、短期間で肌を改善することができます。ステロイド薬の副作用を心配する人も多いですが、長期間肌が荒れてしまのも良くないので、適切なタイミングで使用するようにしましょう。乳児湿疹は、ケアをすることで改善することもできますし、予防をすることもできます。肌トラブルが起きてから対策をするのではなく、起こす前からしっかりとケアをして、予防することが大切です。

清潔にして防ぐ

親子

乳児湿疹ができる原因は、種類によってそれぞれ違いますが、特に多いのは肌や毛穴に皮脂が溜まることです。しっかりと洗って清潔にすることによって、乳児湿疹を防ぐことができます。

Read More...

保湿で乾燥から守る

親子

乳児湿疹を予防するためには、肌をしっかりと洗浄して、保湿剤を使って乾燥させないようにすることが重要になります。保湿剤を利用する時には、赤ちゃんの体質に合わせて選びましょう。

Read More...

便利なベビーローション

親子

乳児湿疹になる原因は様々ありますが、乾燥が原因となることもあります。乾燥を防ぐ対策として、ベビーローションがあります。ベビーローションは、ベタつきが少ないですし、頻繁に塗っても問題ありません。

Read More...